医者の転職/非常勤

【転職医師が語る】医局を超計画的でスムーズに辞める方法について!【医師転職完全マニュアル】

更新日:

 

 

 

メノー
こんにちは、メノーです。

フリーランスドクターをしています。

 

今回は、自分自身が転職した経験から、

『医局を超計画的に・スムーズに辞める方法』についてお話していきたいと思います。

 

当ブログでは、内科医の自分が転職をして人生がめちゃめちゃ好転した経験から、くすぶっている勤務医に対して転職を再考する事をお勧めしています。

 

自分の場合は、何のコネも無い状態から転職をし、なんとか上手く半年で転職先を見つける事ができました。

 

しかし今になって考えてみると、運の要素はかなり大きいものだったように思うのです(笑)

 

なぜかというと、

 

✓0から始めて転職が決まるまでの期間ってどれくらい?

✓どのタイミングで医局に退局を伝えるの?

✓入職時期はどういったタイミングがあるの?

 

といった転職の事前知識としてめちゃくちゃ重要な事を全く知らずに場当たりのような感じで力ずくで転職を進めていましたからです(笑)

 

たまたま医局からは円満に抜ける事ができましたが、再現性超低いです(笑)

 

絶対に医局に退局を伝えるベストなタイミングから逆算して、計画的に動いた方が良いです。

 

今回は読者の皆さんが転職をする際、

 

勤務医さん
来年転職しようと思ったけど間に合わない!!

 

とか、

 

勤務医さん
辞める時めっちゃ医局ともめた....

 

なんて事がないように、まったく事前知識のない、0の状態から転職するまでの流れについて詳しく説明していきたいと思います。

 

この記事を読む事で、ある程度医者の転職についての流れについての大枠を把握する事ができ、いざ転職するとなった時に転職したい希望の時期から逆算して計画的に動き出す事ができて、結果医局からも円満に辞められると思います。

 

では始めていきますね。

 

医者の転職の流れを、7段階で考えてみる

 

ではいきなりですが(笑)、医者の転職のだいたいの流れについてを7段階でまとめてご説明しますね。

 

まずは大枠を把握して下さい。

 

step
1
『もう今の職場嫌だから転職したいなー』ってだんだん思い始める

 

step
2
転職サイトをちらちらっと見始めたり、友達の話聞いて『もっと良い職場あるやん!』てなる

 

step
3
『とりあえず登録だけしてみるかー』って感じで登録して、エージェントとお話してみる

 

step
4
いろんな案件を見ながら、働きたい病院を探す!しっかり比較しながら、ベストの病院をピックアップ!

 

step
5
いよいよ病院と面談! 入職時期に関して病院と交渉

 

step
6
希望病院の内定GET!!働いている病院(医局)と退職時期の交渉

 

step
7
無事入職!新生活のスタート

 

大多数の人はこんな感じの流れだと思います。

 

まず自分の例をお話すると、自分の場合は、STEP1-STEP6まで7か月くらいかかりましたね。

 

転職を思い立ったのは4月頃で、仲介業者と交渉しだしたのは5月くらいからでした。

 

その後8月に希望の病院と8月に面談をし、9月に内定、その後医局と話をして、翌年の4月から転職し新生活のスタート!という流れでした。

 

基本的には動き出してから面接~内定がもらえるまで大体半年程度を目安に考えておくと良いと思います。

 

では各STEPに関する詳細・注意するべきポイントについてお話していきたいと思います。

 

 

STEP1:『もう今の職場嫌だから転職したいなー』ってだんだん思い始める

 

最初のSTEPとしては自身の心境の変化から始まりますね。

 

あなたが期待して胸膨らませて入った職場でしたが、

 

✓やりたい事がやらせてもらえない

✓続けた先に明るい未来が見えない

✓忙しすぎる

...

なんかの理由でだんだん辞めたくなってきます。

 

だいたいこの心境の変化はいきなり『辞めたい!!』となるのではなくて日を追うごとに強くなっていく事が多いです。

 

また最初の数年は良いのかもしれませんが、何年も続けてるうちに燃え尽きたりして辞めたくなる事もあるでしょう。

 

まだこの段階では具体的に転職は頭に浮かんでいない事が多いです。

 

ただ漫然と、

 

勤務医さん
こんなに辛いのにこの先続けていって幸せなのかな...これからどうしようかな...

 

といった感情が頭の中を渦巻いているだけです。

 

こういった心境の人はSTEP1にいると思って良いでしょう。

 

STEP2:転職サイトをちらちらっと見始めたり、友達の話聞いて『もっと良い職場あるやん!』てなる

 

そして心境が変化し、ネガティブな気持ちで日々を過ごしていると、普段の生活で目に付くものも変わってくるものです。

 

転職の広告が目に付いたり、はたまた『医師 転職...』とかでネットで検索するようになります。その中で当ブログに辿り着いた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ここまでくると頭の中で転職が明確な存在として認知されています。

 

また久々にあった違う病院での勤務となってしまった大学や研修医時代の同期と食事に行ったりすると、

 

勤務医さん
そんなにお金もらってるの!? そんないっぱい手技もやらせてもらえるんだ、羨ましいなあ...

 

と他人と比較して自分の職場の微妙さを実感する事もあるかもしれませんね。

 

このようにまだ転職へ具体的な行動はしていないが、明確に意識しだしているのがSTEP2の段階です。

 

ちなみに当ブログでは、主にこのSTEP2の方に向けた記事を書いております。

 

 

STEP3:『とりあえず登録だけしてみるかー』って感じで登録して、エージェントとお話してみる

 

そしていよいよ転職への機運が高まってくると、

 

勤務医さん
転職サイト登録しよっかな、どーしよっかな...話だけ一回聞いてみるか!!

 

と迷ったあげく、登録に至り、エージェントと面談する事になります。ここからようやく転職に向けて具体的に前に進める事になります。

 

おそらく人生で初めての転職体験だと思うので、このSTEP3ではまず『慣れ』る事が重要です。

 

仲介業者との面談でどんな事を話すのか、自分の希望の条件などをこのSTEP3の段階にいる人は整理しておきましょう。

 

下の記事で転職前の自己分析に関する説明は紹介しております。

 

『医者を辞めたい』人への3つの進言

 

 

STEP4:いろんな案件を見ながら、働きたい病院を探す!しっかり比較しながら、ベストの病院をピックアップ!

 

いよいよSTEP4では仲介業者を利用したりして、いくつか自分がいいなと思っている病院を揃えてきましょう。その中で、

 

✓医療的にどんな事ができる病院なのか

✓給料はいくらか

✓ワークライフバランスは、立地は...

 

といった事を比較しながら自分にとってベストの病院を一つ決める事になります。

 

STEP4での妥協は禁物です。

 

タイミングによって良い案件と巡り合えなかったり、そうでなかったりします。

 

もし転職まで猶予がある人は、このSTEP4の段階で良い案件が無ければ待ってみたりだとか、できるだけ自分が納得できる案件を模索しましょう。

 

転職はそう何回もできるものではないですからね。

 

 

STEP5:いよいよ病院と面談! 採用条件に関して病院と交渉

STEP5では自分で悩みに悩んで決めた自分にとってベストの病院との面談の段階になります。

 

面談に関しては仲介業者が介入、同伴してくれる所があります。

 

そういったエージェントだと、面談でよく聞かれる質問だとか流れに精通しているので非常に便りになりますよ。

 

そしてこの面談の際には、面談を受ける側だからといって下手に出過ぎないようにしましょう。

 

ここまでのラインは絶対に確保する!!という最低条件を作って面談に臨むのがお勧めですね。

 

STEP6:希望病院の内定GET!!働いている病院(医局)と退職時期の交渉

 

面談の末、あなたの人柄や経験が評価されとうとう希望病院の内定をGETしました!!!

 

...しかし喜びもつかの間、一つ大きな嫌な作業が残っています。

 

それは元の病院(医局)に退職する事を伝える、というものです。

 

このタイミングです!このタイミングで医局に退局を伝えましょう1

 

雇用先が決まっていないのに退職を決めてしまうとプータローになってしまう恐れがあるので、退職を伝えるタイミングはこのSTEP6となります。

 

この際注意して欲しいのが、どんな事情があるにせよできるだけ医局に迷惑をかけない時期に退職の連絡をするべきという事です。

 

どんな関係になってしまったにせよ、過去のあなたが選択して入った医局ですから、受け入れてもらった以上しっかりと最低限の礼儀は払いましょう。

 

(あ、勿論メンタル的に不安定でそんな余裕がない時はこの限りではありませんので、自分の健康・メンタルを優先してしまって大丈夫ですよ。)

 

医局だと年ごとの人事の調節などがあります。できれば実際に退職する時期の半年前、最低でも3か月前くらいには医局に伝えられるように前もって逆算して転職活動を進めていきましょう。

 

まあ自分はこの流れを把握していなかったんですけど(笑)、運よく良いタイミング(退職の半年前くらい)に退職に関する報告ができたので、比較的スムーズに事が運びました。

 

自分の場合は特に医局との関係は悪くなかったので尚更当然ですが、翌年の4月の転職をめどに考えるならば、夏が終わった頃には転職先を決めておきたいものです。

 

あと、もし元の職場が退職させてくれなかった場合の対応ですが、細かい説明は省きますが基本的に必ず退職する事はできますので、相手側が無理難題を言っている可能性があります。

 

お困りの事がありましたら問い合わせ下さいね。

 

 

 

STEP7:無事入職!新生活のスタート

そしていよいよ、新しい生活のスタートです。

 

勿論入職してみないとわからない事もありますが、新生活を成功させられるかどうかはSTEP1-6の過程をどこまで丁寧に遂行できるかにかかっています。

 

しっかりと吟味して転職を行い、新生活を素晴らしいものにしましょう!

 

当ブログを読んで頂いている読者の皆さんの転職がより幸福度の高いものになる事を願っております。

 

 

 

 

まとめ

以上がおおまかな医者の転職の流れとなります。

 

勿論個人差はありますが、だいたいこの流れを想定して準備をしていけば大きな失敗はないと思いますよ。

 

転職は私を逆見本にして(笑)、しっかり計画をたてて行うべきです。その方が道中のトラブルも少なくて済みます。

 

またご不明な点がございましたら、ご気軽にお問合せより連絡下さい。

 

当ブログでは医者の転職に関しての情報をこれからもどんどん提供していきますので、転職をお考えの方は是非チェックを宜しくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-医者の転職/非常勤

Copyright© ~医者のライフハック大全~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.