医者の資産運用

資産運用をしながら幸福度を上げるお金の使い方について

更新日:

 

 

 

 

こんにちは。内科医のメノーです。

 

勤務医をしながら副業で月50万円程稼いでいます。

 

 

皆様、お金貯まってますか?(笑)

 

自分も順調に資産は増加傾向にあります。

 

そろそろ新しい事業にも進出しようかと考えています。

 

このブログを読んでいる皆さんも資産運用を、ペースの差こそあれ自分なりにこなしている事でしょう。

 

まだ資産運用を始めていないというお医者様、まずはこちらの副業からどうぞ。

 

医者の副業まとめ【初級編・勤務医はすぐ始めるべき3選】

 

 

ただ、この資産形成の過程でおそらく誰もがぶつかる壁があると思います。

 

 

ある日、順調にお金を貯めて、お金の貯まった通帳を見てニヤニヤしているとふと、こんな言葉が降ってきます。

 

 

『自分は何の為におカネを貯めてるんだろう??』と。

 

 

資産形成に躍起になりすぎる余り、趣味もない、職場と自宅の往復の繰り返し、飲み会も勿体ないから行かない⇒友達がいない状態...

 

 

こんな生活がしたくて自分は資産運用しているだろうか、と。

 

あなたはそうなっていませんか?

 

ただ一つ言わせてもらえると、

 

 

そんな悩みが生まれているという事は順調に節制し、資産運用が出来ている証なのです。

 

 

心の弱い人は安きに流れてしまいこんな悩みを持つ前にドロップアウトしてしまいます。

 

まず、自分を褒めてあげて下さい。

 

でもやっぱりなんの為に資産運用するかって、究極を言えば

 

『幸せになる為』ですよね。

 

その為にはいくら資産形成が上手くいっていても過度な辛抱はやめておきましょう。

 

少しだけ考え方を変えて、日常に緩急をつけれるようになればパーフェクトです。

 

今回の記事では、

 

『資産運用をしながら、幸福度を上げるお金の使い方』

 

について自分なりの考えを記載しておこうかと思います。

 

『FIRE』を目指す人はこの記事は読まなくても良いかも

 

 

まず、最近流行っている考え方として『FIRE』というものがあります。

 

詳細は割愛しますが、要は『資産をさっさとめいっぱい作って、それを運用する事で一生遊んで暮らそう!!』って概念です。

 

 

例えば投資信託の例で考えると、変動はあるもののだいたい年利3%が平均的あるもののと言われています。

 

1億円全てを投資信託に入れていたらだいたい年300万円の利益になるという事で、そのノリでしっかり資産があれば働かなくても不労所得で食べていけるよね、って感じの考え方。

 

 

好きな事が仕事以外にあって、さっさと仕事を辞めて牧歌的な暮らしを満喫したい若者がFIREを目指す傾向にあります。

 

 

おそらくFIREを目指している人達はそこまで豊かな暮らしをしたいというよりはそんなにお金が無くて良いから自分の好きな事をしたいという人種なのでしょう。

 

だからFIREを目指す人にとってはひたすら節制して、辛抱して目標金額を貯めて運用して、それから理想の暮らしを実現するという流れでも良いと思うので、この記事は読む必要ないと思います。

 

 

自分は仕事が楽しいし、仕事を辞める気がない人間なので、このFIREという概念には個人的には半分共感、半分うーん...という感じですね。

 

もちろんFIREを目指すという選択は大いにありだと思います。

 

 

仕事が嫌で嫌でしょうがない人、空いた時間で仕事以外にやりたい事がある人はこの概念に乗っかって1億円貯めてFIRE!ってのはありだと思うんですけど、

 

自分の場合は自動的とは言え月25万円じゃ満足できないし、そんな時間があっても退屈で死んでしまいます。

 

なのでどちらかというと自分と同じ側の方はこっから先を読み進めて頂いても良いと思います。

 

 

資産形成する事で『今』の幸福度が下がるのは本末転倒

 

だんだん節約、節税、資産運用とかが軌道に乗ってくると、人間というのは

 

『あんな高いレストランいくなら投資に回した方が...』とか

 

『飲み会参加するお金が勿体ない、旅行も一気にお金が飛ぶから行きたくないなあ...

 

とか、

 

...いわゆるケチになってくるんですよ。(笑)

 

そこまでいけば立派な資産運用家です。

 

そこから少し頭を柔らかくして、出費について考えてみましょう。

 

勿論、日常的な無駄な出費が慢性化するのは良くないです。

 

しかし、普段からあまりに資産形成を意識するあまり現在の生活が味気ない物になってしまうのは考え物です。

 

もし、あなたが今の節約、節税、資産運用などを全く行わず、普通に生活していたら損失していたお金を考えて下さい。

 

前まではそのお金をどぶに捨てていた状態で旅行や飲み会に行きまくってたんですよ。

 

たまにはそういう捉え方をして、そのお金で散財して息抜きしても罰は当たらないし、資産運用の進歩をそこまで遅らせるものではないと思います。

 

 

常に、『お金があったら何がしたいのか』を定期的にアップデートしておく

 

資産運用を始めたての時って、

 

『豪邸に住めたないいな』とか、『月5万くらいでいいからお小遣いが増えるといいな』とか、人によって様々ですが何かしらの動機があったと思います。

 

しかし資産運用が軌道に乗ってくるとそんな事は遥か記憶の彼方に流れていってしまい、どちかというとお金を貯める事をメインに置いた資産運用になってしまいがちです。

 

なので、定期的に『自分はお金を稼いで何をしたいのか?』という具体的なイメージはアップデートした方が良いと思います。

 

自分の理想像は、

『普段は2か月に1回くらい17万円の高級ホテルに泊まっても罪悪感は感じないくらいのお金が欲しい、10年後には1億円くらいの豪邸に住みたい』というもので、結構具体的ですよね。

 

自分の場合はたまに高級ホテルに泊まって、プールとジムで汗流して、最上階で中華食べて、夜はシャンパン飲みながら映画見て、

 

あえてお金を使う事で『こういう暮らしがしたいんだよなあ』と再確認するようにしています(笑)

 

まあ自分の場合は煩悩の塊のような例ですが(笑)、それぞれの理想のお金の使い方を常にイメージしておくと幸福度は保ちやすいと思います。

 

そんな散財するようなお金の使い方をしてもいいのか!って声もあるかもしれなうですけど、自分の考えとしては、慢性的な出費(行きもしないジムに登録している、たばこの購入など)はNGだけど一過性の出費はアリという事にしています。

 

全ては自分の幸福度を上げる為です。

 

まとめ

 

なんか文章にしてみるとあんまり中身のないものになってしまったなあ、という印象が自分の中であるのですが(笑)

 

自分が気を付けている事としては、

 

自分の人生のどのフェーズを切り取ったとしてもお金を貯めているだけの無機質な人生にならないように、という事は心がけています。

 

やっぱり要所要所でお金を使って、徐々に幸福度を上げながら、その体験をモチベーションに変換してさらに稼ぐ努力をするというポジティブなループを作るようにしています。(これは張り切っている人向けの考え方ですね。笑)

 

まあ深く考えず、たまに散財しながらしっかり資産を増やしていきましょう。

 

自分の運用状況も今後記事にしていけたらいいなと思っております。

 

こちらの記事も良かったら参考にして下さい。

 

【医者の副業・お金稼ぎ】副収入を得る上で大切な、フロー・ストックという考え方について

 

 

 

-医者の資産運用

Copyright© ~医者のライフハック大全~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.