医者のクレカ

最も簡単に、効率的に支出を抑える方法について【医者の節約】

更新日:

 

 

こんにちは、内科医のメノーです。

 

普通の内科医をしながら、副業で月50万円程度稼いでいます。

 

皆様、資産形成は順調に上手くいっているでしょうか?

 

資産形成において、副業で+の部分の収入を増やす事に関しては普段の記事でよく説明していますが、-の支出の部分を減らす事も同程度に重要です

 

要するに生活の中での節約は非常に重要なファクターとなってくるという事です。

 

しかし、下記記事でも言及しているように、過度な節約術を取り入れ過ぎる事でストレスが増加したり、欲求不満な状態で過ごすのは本末転倒だと思っています。

 

資産運用をしながら幸福度を上げるお金の使い方について

 

 

人それぞれ生活の要素の中でこだわりを持って、比重をかけていない部分とかけている部分とがあります。

 

こと節約に関しては、自分があまり重きを置いていないファクターの部分を削っていく『無理をしない型』の節約から始める事を推奨しています。

 

今回の記事では、様々ある節約方法の中から万人に取り入れやすいであろう『クレジットカード利用』の価値について説明していこうと思います。

 

 

手法としては『支払いを可能な限り全てクレジットカードで行う』だけのごくごくシンプルなものですが、この手法の価値の大きさを理解していない人が多いように感じますので今回の記事で説明していこうと思います。

 

余程現金使いにこだわりのある人でなければ、基本的にはメリットしかない節約方法になります。

 

ポイント

✓収入を増やすのと同程度に、支出を減らす事は重要である

✓『フロー』型の支出を減らして、多額の資産を蓄積させよう

✓『継続できる範囲』で行う事が重要!

 

 

『ストック型』の節約を行う価値について

 

ではクレジットカード利用に関する利点について説明していきます。

 

その話をする前に、節約に関してはフロー・ストックという概念が大事になってきます。

 

詳しくは下記の記事で説明しております。

 

 

【医者の副業・お金稼ぎ】副収入を得る上で大切な、フロー・ストックという考え方について

 

 

要するに定期的な収入を増やし、支出を減らす事を積み重ねる事で莫大な差になってくるという概念です。

 

勿論クレジットカード利用はストック型≒定期的な支出を減らす方法になりますね。

 

クレジットカード以外にもストック型の支出を減らす節約に関しては様々なものがありますので一部例を挙げますと、

 

 

例えば毎日ペットボトルを買う習慣のある人は、150円のお茶のペットボトルを自宅で作って持っていけば月4500円⇒年間54000円の節約に。

 

 

全然行っていないフィットネスジムを退会すれば月額6000円⇒年間72000円の会費が節約できます。

 

 

後はお酒やたばこなど嗜好品のある人はやめる努力をする、スマホの料金を格安simにする(個人的には推奨していませんが)などなど...

 

一つ一つを積み重ねていくと年間に浮く金額にするとなかなかな金額になると思いませんか??

 

そしてこのストック支出の削減を、『自分に無理のない範囲』で行います。

 

無理をすると反動が生じる可能性があるので。

 

こうした要素の積み重ねで、ストック型の支出を減らす事は、ストック収入を増やすのと同じ価値がある事を理解して頂けると思います。

 

勿論節約しすぎでストレスをためてはいけませんが、習慣化できる範囲で節約を行う事が重要です。

 

医者のクレジットカード利用の利潤について

 

そしてこのストック支出を最も効率的に抑える手法がクレジットカードの利用になります。

 

 こと医者である事の利点で言えば、クレジットカードの審査が通りやすいというメリットも存在しますね。

 

基本的に大体のクレジットカードは医者であれば審査を通過するでしょう。

 

年間の支出が例えば300万円と仮定すると、ポイント還元率が自分がクレジットに要求する最低ラインの1%だとしても3万円の利益になります。

 

これがポイント還元事業や、そのカード毎の特性を生かした還元率アップができれば更なる利益になりますよね。

 

ポイント還元事業をご存知無い方は下記記事を読んでおく事をお勧めします。

 

『ポイント還元事業』についてのとっても簡単なまとめ

 

 

 

例えば、自分はつみたてNISAとidecoという投資方法があるのですが、その投資分の5万円を楽天証券において、楽天カードで支払っています。

 

詳しくない人は、要は5万円ストックでの支出がある事だけ理解できれば大丈夫です。

 

毎月5万円分になるので500円×12で年間6000円の利益になりますね。

 

その他にも家賃、光熱費、水道代、駐車場代などなど、生活していく上で必要な経費を全てクレジットカードで支払っておけばなかなかの額が積み重なるでしょう。

 

こういった支出は毎年毎年積み重なっていくものなので結果的に馬鹿にならない量の利益になります

 

しかもごちゃごちゃ余分な事は考えずに、とりあえず思考停止させてクレジットカードを利用しとけばこの利益は得られるので誰でも実現可能ですよね。

 

まとめ

今回の記事で紹介したように、副業+支出を減らす節約手段の数を増やしていく事で無敵の状態になれます。

 

その為に最も始めやすい手段がクレジットカード決済になります。

 

まずは、

 

支払いを極力クレジットカード決済にする

 

というこの1ポイントに絞って、日常で節約を意識し始める事をお勧めします。

 

 

 

-医者のクレカ

Copyright© ~医者のライフハック大全~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.