医者のバイト

研修医終わって、初めて医者のバイトをするまで

更新日:

 

こんにちは、メノーです。内科医で、副業で月50万くらい稼いでいます。

 

今日は、医者のバイトを初めて経験した時の自分の体験談を話していこうと思います。

 

自分も初めてのバイトは中学生の検診バイトでしたが、非常に緊張した事ははっきり記憶にありますね....

 

結構周りには、

 

・バイトをした事がない

・した事はあるけど能動的に探した事がない

・したいけど探し方がわからない

 

なんて人達が多くて驚きます。

 

勤務医さん
バイトやってみたいけど、何やっていいかよくわかんないし、怖いなあ...

 

といった方の助けになれば幸いですね。

 

ではお話していきます。

 

医者のバイトに関しては下記記事にまとめてありますので良ければ参考にして下さい。

 

【保存版】医者のバイト・パーフェクトマニュアル【始め方から効率の良い稼ぎ方まで】

 

バイトを始めたきっかけ

 

今でこそ自分は資産を積み立てる為に最も手っ取り早いのがバイトである事がわかっているのでバイトしまくっているのですが、最初は何の情報も無い所からスタートしました。

 

自分に関しては、実はもう研修医時代からバイトがしたくてしょうがなかったです。笑

 

勿論現行制度では研修医のバイトは禁止されているので我慢していましたが、もう研修医の終わりがけには研修そっちのけで仲介サイト登録しまくってました(笑)

 

研修医の終わりがけってちょっとたるむので、しょうがないですね(笑)

 

ただ身近に業者を使ってバイトをしている医者がいなかったですし、所属していた医局からのバイトもほとんどなかったので、何が何だがわからないまま手探りで始める事になります。

 

 

まずは闇雲にサイトに登録してみた

 

まあそんな訳で周囲の人間からの情報が無いので頼るのはネットだけ、といった具合でネットの情報をまずは調べていきました。

 

 

ただ『医者 バイト』とかで検索しても上位に引っ掛かるのはなんだか業者が書いたようなランキングのサイトばかりで、あまり信用できそうにないなあという印象だったので、まあとりあえず自分で登録してやってみようと思い立ちます。

 

あ、ちなみにバイト系の記事で検索して上位に引っ掛かる記事の大半は業者が書いた記事なのであてにならないですよ。

 

あてになるのは色々記事を読む中で、明らかにリアルな医者が書いてるってわかるブログのバイトや転職の記事です。

 

 

まあ当ブログも他の記事を合わせて読んでもらえれば明らかに医者が書いてるってわかる(はず!!!)なので、是非信用して下さい!!笑)

 

最初はバイトの仲介サイトの特徴とかわからないので(その頃自分のサイトがあればよかったとか思ったり...(笑))、まあなんか聞いた事あるなあ、聞いた事あるから大丈夫でしょ。みたいなノリでポチポチ登録していきました。

 

 

ただ一気に登録したので電話とか面談が入りまくってめちゃくちゃ疲れました...絶対おすすめしません!

 

最初は2.3個くらいの登録で良いと思います。

 

よくわからない人は、下記記事のおすすめ仲介サイトTOP3の中から自分に合いそうなのから始めてみるのが良いかと。

 

医師のスポットバイト仲介サイトおすすめランキングTOP3【保存版】

 

 

 

仲介サイトは一気に登録せず、一つ一つ相性を確認していきましょう

 

 

 

面談~初バイトまで

 

まあ節税の新築ワンルームマンション勧誘電話の面談でさえも、

 

メノー
『何事も経験だ!!』

 

といったノリで行ってしまう自分なので、

 

とりあえず仲介業者の面談をぽつぽつこなしていきました。

 

前述したとおり、この面談がめちゃくちゃ疲れました...

 

今思えば、別に複数の仲介業者に一気に登録する必要は全くなかった訳ですが、

 

全然よくわかっていなかったので(笑)

 

中でもその場で転職させてくる業者もいたりしました..

 

今からやっと専門いく所だっちゅーのに、めちゃくちゃですよね(笑)

 

ただその中で印象が良かったのが民間医局ですかね。

 

民間医局の利用の仕方まとめ【医師のスポットバイト】

 

 

友人のような距離の近さで自分のバイトの要求や、当時知らないような知識を教えてくれましたね。

 

そしてようやく2年間の研修医生活が終わって、医者3年目になって初めて出たシフトの空き時間を見つけてバイトを探してみました。

 

面談での印象が良かったので、初めてのバイトは民間医局でする事にしました。

 

初バイト~様々なバイトの経験

 

初めてのバイトは中学生の検診バイトでした。

 

今思うと、中学生の検診なので、検診異常がある確率は高齢者と比較すると非常に少ないので、初めてには良い案件だったのかなと。

 

おそらく初めてのバイトであった事に加えて、当時は研修医に毛の生えたレベルであったのも含めて最初はかなり緊張しました。

 

検診とはいえ、そこで異常を拾ってあげられるかどうかでその人の人生に大きな影響を及ぼすかもしれませんからね。

 

あと手順に慣れてないので非常に疲弊しました..

 

内科外来みたいに検診以外の相談まで乗ってしまったりだとか。

 

そんなこんなで終わった初めての検診バイトは、9:00-15:00まで働いて7万円貰えてめちゃめちゃ感動したのをいまだに覚えています。

 

医師免許の有難みを医者になって初めて感じた瞬間でしたね。

 

その後、味をしめて色んなバイトにどんどんチャレンジしていきました。

 

寝当直なんかも最初は少し緊張しますよ。

 

今まで一つの病院でしか働いた事がなくて経験も浅い人間がいきなり知らない初めての病院で当直となると、ほとんど呼ばれないと聞いていても少し神経が張ってました。

 

まあすぐに慣れましたが。

 

その後バイトをこなす中で、相場感覚も徐々に身についていくものです。

 

おそらく時代によってバイトの相場の変動はあるし、地域によって違うとは思うのですが、全体を見渡すと日勤で時給1万円、寝当直で時給5000円くらいが相場なのかなという印象はまず持ちました。

 

まあそんなこんなで、今では、『医者のバイトの話ならなんでも聞いてくれ!!!』って感じの人間になってしまいました...

 

まとめ

自分が医者のバイトを始めるまでの流れはこんな感じです。

 

活かして欲しいポイントとしては、

 

ポイント

✓仲介サイトに5つも6つも一気に登録しない!!手続きが面倒すぎて挫折する可能性あり!

✓『医者 バイト』で検索して上位表示される記事は業者が多い!自分の目で信用できる情報を見極められるようになろう!

 

といった所ですね。あとはひたすら色んなバイトを経験して、慣れるだけです

 

是非読者の皆さんも医者バイトで資産ブーストをして、医師免許のパワーを実感して下さいね!!

 

何か質問があれば連絡お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

-医者のバイト

Copyright© ~医者のライフハック大全~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.